一般皮膚科について

皮膚科のイメージ写真

皮膚疾患は、患者様ご自身でも見ることができ、その治療効果の結果も一目瞭然になることが多いため、診療に当たる医師には幅広い皮膚疾患の最新知識と経験が必要となります。
そして当院では、丁寧な問診ならびに視診、必要に応じて諸検査をしながら治療にあたります。
また、難治性の疾患についても、現状維持あるいは悪化防止のための治療に終始することなく、十分なインフォームドコンセントをさせて頂くとともに、必要な医療機関と適切に連携し、治療を行っていきます。

一般皮膚科の主な対象疾患

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、繰り返す慢性の湿しんと皮膚のドライスキンが特徴的な皮膚病です。
かゆみが強く、掻くと悪化しますので抗アレルギー剤などを飲んで掻かないようにしましょう。ぜんそく、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎のある家系にでやすい傾向があり、また、ダニや食べ物などのアレルギーが起きやすいのも、アトピー性皮膚炎の特徴です。
当院では、患者様の症状やそれまでの治療歴に応じて、 保湿などのスキンケア、生活指導、外用剤の使用などを中心に治療を行っていきます。

湿疹

皮膚科を受診される患者様の3割程度を占める病名です。
ブツブツ・小さい水泡や赤み・粉をふくなどが混ざってでき、かゆみがあります。原因として考えられるものは、自己免疫・食べ物アレルギー・ダニ・HD・薬疹・ウイルス性発疹症などがあり、組織学的には、急性、亜急性、慢性と分かれますが、臨床的には、通常は急性湿疹、慢性湿疹に分類することが多いです。

蕁麻疹

かゆみの強い、類円形などのわずかに盛り上がったミミズ腫れが数分~数時間できて消えていくものを蕁麻疹(じんましん)と言い、3~4週間以内に治るものを急性蕁麻疹、それ以上続くものを慢性蕁麻疹と言います。
蕁麻疹の原因は、食物、内服薬、細菌やウイルスの感染など様々あり、検査には血液検査IgE RAST法、一般血液検査等を行いますが、慢性蕁麻疹では原因が特定できないことが多々あります。
治療には抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤などを使います。

水虫

水虫は、白癬菌というカビが足の皮膚に入り込んで生じる病気です。白癬菌の増えやすい夏に症状の悪化が多く見られるのが特徴で、足白癬は趾間型、小水疱型、角質増殖型、爪水虫に分類されます。
水虫は、通常は塗り薬で治療しますが、皮膚が非常に硬くなった場合や爪水虫では塗り薬だけでは十分に奏効しない場合があり、その際には飲み薬(経口抗真菌薬)にて治療を行います。

趾間型(しかんがた)

最もよく見られる型で、足の指の間が白くふやけて皮がむけます。

小水疱型(しょうすいほうがた)

土ふまずや、足のふちに小さな水泡(水ぶくれ)ができます。

角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)

足の裏、特にかかとの部分の角質が厚くなり、表面がゴワゴワになり皮がむけてきます。

爪水虫(爪白癬:つめはくせん)

足の水虫が爪に徐々に入り込み、爪が白く濁ったり、厚くなり変形したりします。かゆみなどの自覚症状はありませんが、水虫を繰返す原因になります。

イボ

イボウイルスの感染で発症し、人から人へ感染し、うつったイボをいじればどんどん増え、髭剃りで増えやすい傾向もあります。また、非常にうつりやすいイボ(青年性扁平性イボ)はイボの部位をこすっただけで、こすった範囲にたくさんイボがうつります。
イボの治療は液体窒素療法でマイナス196度位に冷やす方法で行います。また、どうしても治りにくい場合には、内服療法、外用療法を行います。

たこ・うおのめ

たこやうおのめは、足の特定の場所に継続的に圧力がかかって発症します。
たこは皮膚の表面の角質が部分的に肥厚したもので、痛みません。うおのめは肥厚した部分にさらに圧がかかり硬くなり、芯をもっているため、歩くたびに刺激されて痛みがあります。
また、足の裏によくできるのが足底疣贅(そくていゆうぜい=イボ)で、これをうおのめと勘違いすることがありますが、イボウイルス性の腫瘍であり、知らずに削って広がることもありますので、この鑑別をきちんとするためにも、皮膚科の受診をお勧め致します。

ヘルペス

ヘルペスウイルスの感染で起き、顔にできるⅠ型と、外陰部・臀部にできるⅡ型のウイルスの2種類があり、初感染で口内や外陰部に発疹ができたときは高熱と激痛があり、かなりつらくなります。
ヘルペスの治療は、抗ウイルス剤5日間の内服と外用を行います。発疹の出る前にチクチク感などの予兆がありますので、その時点で内服を始めると治りが早くなります。単純ヘルペスは普段、神経節に潜んでおり、現在の医療では体から完全に除去することは困難です。寝不足、つかれ、かぜ、日焼けなどで抗体価が下がると増殖して再発します。

脂漏性皮膚炎

脂腺の多いところにできる湿疹で、頭部、顔、胸背部などにできやすいのが特徴です。新生児や乳児にはかなり多くみられますが、大きくなるにつれて自然にできなくなってきます。これに対し、問題になるのは中高年の方の場合で、頭、顔、耳にフケがしつこくでて、非常に憂うつになる病気です。
原因としては皮脂の成分の質的異常にあり、皮膚の機能の老化が関係します。皮膚に常在する真菌の一種であるでんぷう菌が関与していると考えられており、適切な洗顔や洗髪を行うことに加え、抗真菌薬の外用にて症状を抑えます。

帯状疱疹

水痘・帯状疱疹ウイルスの感染ですが、水痘を経験した人にだけ発症します。頭部から下肢までの間の、片側の一定の神経支配領域に神経痛様の痛みを伴った小水泡が帯状にできます。 顔にできると、顔面神経麻痺、内耳の障害によるめまい、耳鳴りなどが起こることがあります。
問題は痛みで、帯状疱疹後疼痛として長い間痛みが残ってしまうことがあり、しかもこの痛みは治りにくいため問題になります。帯状疱疹は、いち早く皮膚科を受診して早く治すことで、帯状疱疹後疼痛の発生頻度を低くすることができます。

熱傷(やけど)

熱傷は、高熱による皮膚の障害です。
受傷部位に発赤、腫れ、水ぶくれ、痛みが現れます。 強い痛みが初期の症状ですが、深い熱傷では神経も障害するため痛みがない場合もあり、熱傷の深さによって1度、2度、3度の熱傷に分類されます。

1度熱傷

最も軽いタイプで、表皮のみが障害を受けて、皮膚がヒリヒリと痛み赤くなりますが、水ぶくれにはなりません。通常は1週間程度で治ります。

2度熱傷

表皮の下の真皮に達する熱傷です。強い痛みがあり、熱傷受傷後24時間以内に水疱ができます。浅い2度熱傷は2~3週間程度で治り、跡あとが残りませんが、深い2度熱傷は3週間以上かかり、跡が残ります。

3度熱傷

皮膚は神経も障害されるため、むしろ痛みを感じません。皮膚表面は白くなり、あるいは黒く硬くなることもあります。深い潰瘍となり、跡が残ります。

皮膚腫瘍について

医療器具のイメージ写真

皮膚のイボ、と言っても実は様々で、当院ではダーモスコピーや皮膚生検を行なって診断の上、腫瘍の摘出を行なって参ります。
皮膚腫瘍は、待っていてもなかなか消えるものではなく、長い年月をかけて大きくなることが多いです。小さいうちに手術すれば、麻酔も少量で傷跡も小さくて済みます。皮膚腫瘍は悪性化(癌になる)の可能性もありますので、お早めにご相談頂くことをお勧め致します。
当院では、細い糸、繊細な手術器具を用い細心の注意を払い、安全・確実に、素早く・美しく、手術跡を最小限することを考えた手術を行います。可能な限りの低侵襲(負担の少ないこと)な治療法をご提案して参ります。

皮膚外科の主な対象疾患

ほくろ(黒子、色素性母斑)

皮膚科を受診される腫瘍では最も多いと思われますが、厳密には腫瘍ではなく一種の組織の奇形です。
胎生期に神経にも色を作る細胞にもなりきれなかった細胞が母斑になると言われており、母斑は良性ですので問題ありませんが、ごくわずかに悪性の母斑があり、悪性黒色腫と呼ばれます。 母斑の治療ではまずこの悪性黒色腫を見逃さないことから始め、ダーモスコピーという検査器具で、約90%は母斑と悪性黒色腫を診断することができます。

しかし、実際には切除してみなければ良性と断言できないことも多く、その際は手術をお勧めしております。
また、生まれながらに存在する母斑はまれに悪性黒色腫に変化することがあるため、足の裏など悪性黒色腫の生じやすい部位では手術をお勧めすることがあります。

粉瘤(アテローム)

皮膚の下にできる腫瘍の中で一番多いものと思われます。
皮膚は垢を作る組織ですから、粉瘤の中には垢がたまります。これが粉のように見えるため、「粉のこぶ」と書いて粉瘤と呼ばれます。しばしばくさい臭いを伴いますし、時には赤く腫れて痛みを伴います。化膿した時には切開をして膿を出して 感染が収まるまで待たなければいけませんが、感染がないうちに切除する方が傷跡も小さく、目立たなく治すことが可能となります。

脂漏性角化症

脂漏性角化症(老人性イボとも言います)は、早ければ30歳代から、主には40歳以降に発生し、加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍です。
紫外線により皮膚の細胞が変化してできる良性の腫瘍で、皮膚の老化現象の一つとされています。顔面、頭部、前胸部、背部によく見られますが、全身どこにでも発生します。色は褐色調から黒色で、大きさは数ミリから2~3cmくらいです。一見、シミに見えますが、シミは平坦で、脂漏性角化症は皮膚からわずかに隆起していることが違います。
当院では、液体窒素による冷凍凝固法以外に、自費診療にて炭酸ガスレーザーによる焼灼も行っておりますので、まずはご希望に合わせてご相談下さい。

スキンタッグ

頚部や脇の下には有茎性の小さなイボが多数生じることが多く、これをスキンタッグと言います。
一般的にかゆみや痛みはなく、放っておいても悪性化することはありませんが、皮膚悪性腫瘍との鑑別が必要な場合もありますので気になる場合はお気軽にご相談下さい。
当院では、液体窒素による冷凍凝固法以外に、自費診療にて剪刀での単純切除や炭酸ガスレーザーによる焼灼も行っております。それぞれのメリット・デメリットを踏まえ、治療法を選択して頂くことも可能です。

脂肪腫

皮膚の下にできる腫瘍としては比較的多いものです。
その名の通り、脂肪からできる腫瘍で、通常は柔らかく軟式ボールを握る感じです。脂肪腫はどこにでもできますが、背部、肩、臀部などが多い傾向があり、ゆっくりですが徐々に拡大し、メロン大になることもあります。また血管の多い型は、血管脂肪腫と呼ばれ、軽い痛みを伴いしばしば多発します。